「Write soon!」は早く返信しないとまずい?

Ko

こんにちは!英語学習を楽しみながらコツコツ続けている Ko(@lets_eigo)です。

先日、ある海外の方から届いたメールの最後にこんな一言が書かれていました。

Write soon!

文字通り受け止めると、文の形は命令文だし、soon とあるし、急ぎで返事しないとまずいの・・・!?と思ったんですが、実はこのフレーズは必ずしもそういう意味ではないようでした。

では、一体どんな意味なんでしょうか。

目次

「Write soon」のニュアンス

soon という単語を聞くと、すぐに急いでと緊急性を感じさせるイメージを思い浮かべがちですが、近いうちにそのうちにといった程度の意味合いも持っています。

誰かと別れる時の定番の挨拶に「See you soon!」がありますが、これも「別れた直後にまた会おう!」ではなく、「近いうちにまた会おうね!」くらいのニュアンスですよね。

それと同様に、メールの締めで使われる「Write soon」も「近いうちに返事書いてね」「そのうち返事くれたら嬉しい」といった意味合いの挨拶になるそうです。

ネイティブの方からのアドバイス

この挨拶のニュアンスについて、Lang-8 でネイティブの方からもらったアドバイスもご紹介しますね。

It’s just a kind way of saying that she likes hearing from you. She’s not telling you to write right away, but she would like to hear back from you relatively soon.

やはり「すぐに返事を書いて!」と求めているわけではなく、「返事を楽しみに待ってます」くらいの意味合いで合っているようです。

これで、今後 Write soon! と書かれたメールを受け取っても、落ち着いて対処できそうです。😆

英文ビジネスEメール 実例・表現1200 [改訂版]

英文ビジネスEメール 実例・表現1200 [改訂版]

2,090円(09/28 14:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

I’ll keep reaching for the stars! See you later!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまでの人生で何度も英語学習に挫折してきた人間が、40代で一念発起して英語のやり直しに再チャレンジ!💪
英語を学びながら覚えたこと、役に立ったこと、楽しんでいること、などの英語学習記録を発信しています😄

目次