英語のハノンを1年で何周できるか考えながら今年の目標を立ててみた

Ko

こんにちは!英語学習を楽しみながらコツコツ続けている Ko(@lets_eigo)です。

昨年3月頃から学習し始めた『英語のハノン』初級、昨年末までに3周目まで終えることができました。

あわせて読みたい
英語のハノンの3周目が終わりました! 本日、『英語のハノン』初級の3周目のトレーニングが終わりました! ちなみに2周目までの感想は、下記の記事をご覧ください。 https://english-study.dev/i-have-done-e...

さて、今年は英語のハノン一体何周できるかな…?と、お正月に今年の抱負を考えながらぼんやり想像してたんですが、その時に調べたことを備忘録代わりにまとめてみたいと思います。

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル

横山雅彦, 中村佐知子
1,760円(01/31 20:56時点)
発売日: 2021/04/05
Amazonの情報を掲載しています
目次

そもそも現実的に1年で何周できるのか?

目標を立てる前に、現実的には1年で英語のハノンを何周できるんだろう?と疑問に思ったので、以下のような仮説を立ててみました。

まず、英語のハノン初級のナチュラルスピード音声は合計すると4時間22分あります。(スロースピードも含めるともっと多くなりますが、私はナチュラルスピード音声しか使っていないので今回はそれのみで計算してます。)

クリアするのに1、2、3回かかるドリルが3分の1ずつあるとしたら、全部のドリルをこなすのに8時間44分ぐらい。(各ドリルを単純に同じ長さとして計算。)

私のドリルの進め方については、以前下記の記事に詳しく書いたので参考にしてください。
『英語のハノン』ドリルの進め方。どのレベルに達したら次に進むべきか? | toytack

これに対して1日あたり30分強の学習時間をかけられるとしたら、半月程度で1周1年では24周ぐらいはこなせる計算になります。もし、1時間以上かけられればさらにその倍ということに…。

まず10周を目指したい

個人的に、英語のハノンに1日30分程度確保するのが現実的な線なのですが、それでも半月程度で1周目指せることが分かったのは収穫でした。

これまで3周終えて、徐々に英語力が改善されているようには思いますが、まだ大きなブレイクスルーを感じるまでには至ってません。

まずは、このペースで学習を続けて10周終えることを目指そうと思います。そして、10周終えた頃にどんな変化が起きるかを楽しみにします。

ただ10周と聞くとずいぶん先の話だな…と気が遠くなりそうですが、今のペースで5ヶ月続ければいいと分かれば、すごく楽な気持ちになりました。

というわけで、今年も引き続き英語のハノン頑張っていきます!💪

I’m going to keep learning with “Eigo no Hanon” again this year!

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル

横山雅彦, 中村佐知子
1,760円(01/31 20:56時点)
発売日: 2021/04/05
Amazonの情報を掲載しています

I’ll keep reaching for the stars! See you later!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまでの人生で何度も英語学習に挫折してきた人間が、40代で一念発起して英語のやり直しに再チャレンジ!💪
英語を学びながら覚えたこと、役に立ったこと、楽しんでいること、などの英語学習記録を発信しています😄

目次