英語のハノンのドリル7周目が終わりました!

Ko

こんにちは!英語学習を楽しみながらコツコツ続けている Ko(@lets_eigo)です。

先日、『英語のハノン』初級の7周目が終わりました!

というわけで、いつものように進捗報告です。

ちなみに6周目までの振り返り記事は下記リンクからご覧ください。

toytack
英語のハノン | toytack 『英語のハノン』についての記事です。
英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル

横山雅彦, 中村佐知子
1,760円(05/30 02:32時点)
発売日: 2021/04/05
Amazonの情報を掲載しています
目次

7周目を終えるのにかかった時間

これまで各周の学習時間履歴がこちらです。(Studyplus の学習時間記録より。)

  • 1周目:約41時間
  • 2周目:約22時間
  • 3周目:約12時間
  • 4周目:約11時間
  • 5周目:約8.5時間
  • 6周目:約8時間
  • 7周目:約7時間

7周目にかかった時間は約7時間でした。

かかる時間はもう頭打ちかと思ってましたが、思いの外まだ徐々に短縮されてますね。

単に時間を詰めるだけならドリルの合格ラインを甘くすればどんどん進められますが、始めに決めた基準は守りながら練習してるので、この短縮されてる時間はきっと成長している証だと前向きにとらえたいです!

※なお、ドリルの合格ラインについては、以前書いた下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
『英語のハノン』ドリルの進め方。どのレベルに達したら次に進むべきか? 『英語のハノン』を始めて10日ほど経ちましたが、これまでに感じたことを以下の3点にまとめました。 ・英文法の復習に効果あり ・発音の上達に期待 ・著作者のメッセージに共感

7周目を終えての雑感

始めの頃のように必死になってドリルに喰らいついてた頃に比べ、きっと余裕が出てきたからでしょう、気付くとドリルをしながら自然とその英文の情景を頭に浮かべることが増えてきました。

単に文字や音を追いかけるだけでなく、トラックが赤い車をあおり運転したり動物園の飼育員さんがパンダにご飯をあげたり、そういう具体的なイメージを描きながらそれを話している感じです。

特に得意なドリルをやってる時だと、a や the の違い単数形・複数形の違いなどでその情景の登場人物の解像度が変わってきたりすることもあります。

例えば、a だと顔がない人物が出てくるけど、the の時は個人が特定できる人が登場する、といった感じ。

そういうドリルをやってる時はとても満足度が高いです。

まだ数は多くないですが、そういう状態をもっともっと増やしていきたいですね。

それでは、引き続き英語のハノン頑張ります!💪

Moving on to the 8th round!

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル

横山雅彦, 中村佐知子
1,760円(05/30 02:32時点)
発売日: 2021/04/05
Amazonの情報を掲載しています

I’ll keep reaching for the stars! See you later!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまでの人生で何度も英語学習に挫折してきた人間が、40代で一念発起して英語のやり直しに再チャレンジ!💪
英語を学びながら覚えたこと、役に立ったこと、楽しんでいること、などの英語学習記録を発信しています😄

目次