【オンライン英会話レビュー】生卵vsバロット

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Ko

こんにちは!英語学習をコツコツとやり直している Ko(@lets_eigo)です。

本日のKiminiオンライン英会話のレッスン振り返りです。

目次

レッスン概要

  • 受講したレッスン:総合英語コース3>lesson11
  • 講師:M 先生 👨
  • レッスン概要:現在完了(経験)の疑問文・否定文
  • その他(フリートークで話したこと等)
    • 卵について
    • 皇居について

今日は M 先生です。先生のレッスンは今週3回目。

同じ先生に偏らずできるだけ4〜5人の先生で回すようにしてるんですが、予約が取れなかったり、先生がお休みだったりする都合でこういうこともよくあります。

冒頭のあいさつにて、せっかく金曜日なので先日のラジオ英会話で覚えたフレーズにチャレンジ。

TGIF!(Thank God it’s Friday!)Have you heard of TGIF?

Yes, of course! That’s a common phrase.

ラジオ英会話でインプットしたことをオンライン英会話でアウトプット・・・なんて素晴らしいサイクルなんだ!と自己満足してました😆

朝食は何を食べたのか?と聞かれたので、生卵かけご飯を食べたことを紹介。

フィリピンでは生卵食べないだろうなあ、と思って尋ねたら、先生は食べないけど中には食べる人もいるんだとか。

生卵を食べるのはてっきり日本人だけかと思っていました。

逆に、日本でこれは食べますか?と紹介されたのが Balut(バロット)という、孵化直前のアヒルの卵をゆで卵にしたもの。

こういう生々しいのはちょっと苦手ですねえ・・・😅

そういえば、先生が Balut を説明するときに「duck egg」と言っているのを「dog egg」と聞き違えて・・・、

Dog egg? Dog? Really?

すっかり大ボケをかましてしまいました。お恥ずかしい。。

他の国の方からみたら、生卵も Barut も同じくらい奇妙な食べ物に見えるのかもしれませんね。

その後、先生が「日本の Palace はどこにあるの?」という質問があったので、皇居について知っていることを話したり(たぶん皇居のことで良かったと思うけど・・・)、雑談が盛り上がり、時間を3分くらいオーバーしましたが楽しいレッスンでした。

I’ll keep reaching for the stars! See you later!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまでの人生で何度も英語学習に挫折してきた人間が、40代で一念発起して英語のやり直しに再チャレンジ!💪
英語を学びながら覚えたこと、役に立ったこと、楽しんでいること、などの英語学習記録を発信しています😄

目次
閉じる