「nice and+形容詞」で形容詞をよりいい感じに表現するフレーズ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Ko

こんにちは!英語学習をコツコツとやり直している Ko(@lets_eigo)です。

ある日の「ラジオ英会話」に登場したこちらの一節。

Yes, the pastry’s nice and golden brown.
ああ、このパイ生地は、いい黄金色をしているね。

番組で大西先生の解説にもあったように、「nice and」+形容詞を組み合わせることで、その形容詞をよりいい印象で表現できるテクニックが使われています。

一見、これをベタに直訳しようとすると、「このパイ生地は、よくできてるしそれに黄金色だね。」のように、nice と and の後ろにある形容詞、その両方の意味を別々に訳してしますかもしれません。

でも、この表現の実際のニュアンスは、nice and が「いい具合に」「いい感じに」という意味合いの副詞的な役割で、後ろの形容詞をさらに形容する意味合いになるようです。

「このパイ生地は、いい感じな黄金色だね。」というニュアンスになるわけですね。

なお、番組内では「nice and+形容詞」がよく使われる表現だとして、次のようなコンビネーションも挙げられていました。

  • nice and soft
  • nice and cool
  • nice and refreshing
  • nice and comfortable

文字通りいい感じに何かを表現できて便利だし、「nice and 〜」という語幹が口にすると気持ちいいし、これは覚えていて損はないフレーズですね!

目次

サンプル例文

It’s a nice and fine today.
今日はいい感じに晴れてますね。

【2021/10/29 追記】
天気の話をする時に nice と fine は似た意味なので、上記は不自然な文だとネイティブの方から教えていただきました。

I exercised a lot at the gym, so I’m nice and tired.
ジムでたくさん運動したので、ほどよく疲れてます。

My girlfriend’s room is nice and comfortable.
私のガールフレンドの部屋はいい具合に快適です。

I like a teacher who is nice and helpful.
私はいい感じに親切な先生が好きです。

Could you keep the beer nice and cool in the fridge?
ビールを冷蔵庫でいい具合に冷やしておいてもらえますか?

NHKラジオ ラジオ英会話 2021年 11月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHKラジオ ラジオ英会話 2021年 11月号 [雑誌] (NHKテキスト)

459円(12/01 03:46時点)
発売日: 2021/10/14
Amazonの情報を掲載しています

I’ll keep reaching for the stars! See you later!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまでの人生で何度も英語学習に挫折してきた人間が、40代で一念発起して英語のやり直しに再チャレンジ!💪
英語を学びながら覚えたこと、役に立ったこと、楽しんでいること、などの英語学習記録を発信しています😄

目次
閉じる