英語学習についてChatGPTに質問してみた

Ko

こんにちは!英語学習を楽しみながらコツコツ続けている Ko(@lets_eigo)です。

最近、会話形式で質問を投げかけると AI が高い精度の回答をしてくれる「ChatGPT」がネット上で話題です。

ものは試しに、ChatGPT を使って英語学習に関する質問をいくつかしてみたのでご紹介します。

この記事では ChatGPT 自体の始め方、使い方については説明していませんので、知りたい方は「ChatGPT 使い方」などで検索してみてください。

目次

学習方法について

まず、英語の効果的な学習方法について尋ねてみました。

英語力を高めるために最も効果的な学習方法は何でしょうか?

その回答がこちら。

英語力を高めるために最も効果的な学習方法は、様々です。以下に、いくつかの有効な方法を紹介します。

  1. 毎日少しずつでも、英語を使ってコミュニicationをすること。英語を使って日常会話や、ビジネスで使われるコミュニicationをすることで、自然な英語を身につけることができます。
  2. 多読をすること。英語の文章を読むことで、単語や文法を学ぶだけでなく、英語の表現や文化も理解できるようになります。
  3. ニュースやテレビ番組を英語で見ること。英語のニュースやテレビ番組を見ることで、英語を聞く力を養うことができます。また、英語での会話や、英語圏で使われる表現も学ぶことができます。
  4. リスニングとスピーキングの練習をすること。リスニングの練習をすることで、英語を聞く力を養い、スピーキングの練習をすることで、英語を話す力を養うことができます。
  5. ネイティブスピーカーと会話をすること。ネイティブスピーカーと会話をすることで、自然な英語を身につけることができます。また、会話を通じて、英語圏の文化や考え方を学ぶことができます。
  6. スキルを磨くために、特に弱いスキルを重点的にトレーニングすること。例えば、文法が苦手な人は、文法問題をたくさん解いたり、スピーキングが苦手な人は、スピーキングの練習をすることで、弱いスキルを伸ばすことができます。
  7. 英語を使ったゲームやクイズをすること。英語を使ったゲームやクイズをすることで、楽しみながら英語を学ぶことができます。
  8. 英語の勉強に役立つアプリやサイトを使うこと。英語の勉強に役立つアプリやサイトを使うことで、簡単に英語の勉強ができます。
  9. リズムやイントネーションを意識して英語を話すこと。英語は、リズムやイントネーションが重要です。英語を話すときは、リズムやイントネーションを意識して、自然な英語を話すよう心がけましょう。
  10. 英語を使った映画や音楽を見ること。英語を使った映画や音楽を見ることで、英語を聞く力を養うことができます。また、英語圏の文化や考え方を学ぶことができます。

少し誤字はありますが、パッと見すごくよくまとまった回答が返ってきました。

どれも一般的に良いと言われる学習方法で、それらが総合的に盛り込まれている感じですね。

ちなみに、ChatGPT を使うとこういう会話形式で質問に回答してくれます。

ChatGPT の画面より

リスニングスキルについて

リスニングスキルを高める学習方法に

英語のリスニングスキルを短期間で高めるために効果的な学習方法は何でしょうか?

回答はこちらです。

英語のリスニングスキルを短期間で高めるために効果的な学習方法としては、次のような方法があります。

  1. ニュースやテレビ番組を英語で見ること。英語のニュースやテレビ番組を見ることで、英語を聞く力を養うことができます。また、英語での会話や、英語圏で使われる表現も学ぶことができます。
  2. 英語を使った映画や音楽を見ること。英語を使った映画や音楽を見ることで、英語を聞く力を養うことができます。また、英語圏の文化や考え方を学ぶことができます。
  3. リスニングの練習をすること。リスニングの練習をすることで、英語を聞く力を養うことができます。例えば、英語の音声を聞いて、文章を理解するトレーニングや、英語の音声を聞いて、単語を発音するトレーニングなどがあります。
  4. ネイティブスピーカーと会話をすること。ネイティブスピーカーと会話をすることで、英語を聞く力を養うことができます。また、会話を通じて、英語圏の文化や考え方を学ぶことができます。
  5. 英語を使ったゲームやクイズをすること。英語を使ったゲームやクイズをすることで、楽しみながら英語を学ぶことができます。
  6. 英語の勉強に役立つアプリやサイトを使うこと。英語の勉強に役立つアプリやサイトを使うことで、簡単に英語の勉強ができます。
  7. 英語のペラペラトレーニングをすること。英語のペラペラトレーニングをすることで、英語を聞く力を養うことができます。
  8. 英語のラジオやポッドキャストを聞くこと。英語のラジオやポッドキャストを聞くことで、英語を聞く力を養うことができます。また、英語圏の文化や考え方を学ぶことができます。
  9. 英語を使った本や雑誌を読むこと。英語を使った本や雑誌を読むことで、英語を聞く力を養うことができます。また、英語圏の文化や考え方を学ぶことができます。
  10. 英語を使ったゲームやクイズをすること。英語を使ったゲームやクイズをすることで、楽しみながら英語を学ぶことができます。

しっかりした回答ではありますが、前述の回答と結構重複してます。質問が大雑把だったので回答も汎用的なものにならざるを得ないのかもしれませんね。

ペラペラトレーニング」という聞き慣れない言葉が出てきましたが、これはいわゆる音読練習をちゃんとしましょうっていう意味合いですかね?自分が発音できない音はリスニングで聞き取れない、だからこそ音読練習が大事、という話はよく耳にします。

スティーブのムービーブック 英会話ペラペラトレーニング - スティーブ流フラッシュカード方式で身につけ...

スティーブのムービーブック 英会話ペラペラトレーニング - スティーブ流フラッシュカード方式で身につけ…

スティーブ ソレイシィ, Soresi, Steve, ソレイシィ, ロビン, Soresi, Robin
1,980円(01/31 22:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

音読・暗唱練習について

「ラジオ英会話」で学習している人ならすっかりおなじみの音読・暗唱練習、より良いやり方について尋ねてみました。

英語学習で音読・暗唱練習をする時に、より効果を出せるよう工夫すると良いことは何でしょうか?

それに対する回答はこちら。

英語学習で音読・暗唱練習をする時に、より効果を出せるよう工夫すると良いこととしては、以下のようなことがあります。

  1. 単語や文章を正確に発音すること。英語は、単語や文章を正確に発音することが重要です。音読や暗唱する際には、単語や文章を正確に発音するよう心がけましょう。
  2. リズムを意識すること。英語は、リズムが重要です。音読や暗唱する際には、リズムを意識して、自然な英語を話すよう心がけましょう。
  3. イントネーションを意識すること。英語は、イントネーションが重要です。音読や暗唱する際には、イントネーションを意識して、自然な英語を話すよう心がけましょう。
  4. パンチを入れること。英語は、パンチを入れることで、単語や文章に強調をつけることができます。音読や暗唱する際には、パンチを入れることで、より自然な英語を話すことができます。
  5. 発音を繰り返すこと。音読や暗唱する際には、発音を繰り返すことで、発音の精度を高めることができます。
  6. ネイティブスピーカーの音声を参考にすること。ネイティブスピーカーの音声を参考にすることで、自然な英語の発音を学ぶことができます。
  7. 語彙を増やすこと。単語を増やすことで、英語の表現力を向上させることができます。また、語彙を増やすことで、英語の文章を理解する力が高まります。
  8. ネイティブスピーカーと会話をすること。ネイティブスピーカーと会話をすることで、自然な英語の発音を学ぶことができます。また、会話を通じて、英語圏の文化や考え方を学ぶことができます。
  9. 英語の勉強に役立つアプリやサイトを使うこと。英語の勉強に役立つアプリやサイトを使うことで、簡単に英語の勉強ができます。
  10. 英語を使ったゲームやクイズをすること。英語を使ったゲームやクイズをすることで、楽しみながら英語を学ぶことができます。

うーむ、また結構重複する内容が返ってきちゃいまいたね。もっと具体的な条件を盛り込んで質問するコツが要るのかも。

4つ目に挙げられた「パンチを入れること。英語は、パンチを入れることで、単語や文章に強調をつけることができます。」のパンチって何でしょうか?

パンチの効いた、とか強調するニュアンスかな?とは感じますが、英語学習に関してこういう表現を聞いたのは始めてです。

「r」と「l」の発音

日本人が英語学習でよく苦手と言われるこの問題について聞いてみました。

英語で「r」と「l」の発音を正しく言い分けるコツを教えてください。

その回答はこちら。

「r」と「l」の発音は、日本人にとっては難しいとされています。ですが、「r」と「l」の発音を正しく言い分けるためのコツはいくつかあります。

  1. 「r」の発音は、舌を上部にあげて、口を少し開けた状態で、舌先を歯茎の上に当てて発音します。「r」の発音は、日本語の「ら」「り」「る」「れ」「ろ」に似ていますが、「r」の発音は、舌をより上部にあげて、口をより少し開けた状態で、舌先を歯茎の上に当てて発音することが大切です。
  2. 「l」の発音は、舌を上部にあげて、口を少し開けた状態で、舌先を歯茎の前方に当てて発音します。「l」の発音は、日本語の「ら」「り」「る」「れ」「ろ」に似ていますが、「l」の発音は、舌をより上部にあげて、口をより少し開けた状態で、舌先を歯茎の前方に当てて発音することが大切です。
  3. 「r」と「l」の発音を混同しやすい言葉を覚えておくこと。「r」と「l」の発音を混同しやすい言葉を覚えておくことで、「r」と「l」の発音を自然に言い分けるようになります。例えば、「red」(赤い)と「led」(導いた)、「right」(右)と「light」(明るい)などです。
  4. 「r」と「l」の発音を繰り返し練習する。「r」と「l」の発音を繰り返し練習することで、「r」と「l」の発音を正しくするための舌や口の形や位置を覚えることができます。「r」と「l」の発音を繰り返し練習するためには、英語の単語や文章を読んで、「r」と「l」を意識して発音することが効果的です。また、「r」と「l」の発音を繰り返し練習することで、英語のリスニング能力も向上します。

なかなか詳しい説明が返ってきました。参考書とかに載っていてもおかしくないような内容で大したものですね。

YouTubeチャンネルについて

何か具体的な回答を聞いてみたかったので、こんな質問をしてみました。

英語学習に役立つYouTubeチャンネルを一つ教えてください。

その回答はこちら。

英語学習に役立つYouTubeチャンネルとして、「English with Lucy」があります。このチャンネルでは、英語の基礎を学ぶことができるコンテンツがたくさん用意されており、英語初心者の方にもおすすめです。また、チャンネルでは、英会話や文法、単語など、様々な英語学習に役立つ内容が紹介されています。

また、「English with Jennifer」というチャンネルも英語学習に役立つものとしておすすめです。このチャンネルでは、英会話や文法、単語など、様々な英語学習に役立つ内容が紹介されています。また、チャンネルでは、英語を話すときに役立つ表現やフレーズも紹介されているので、英会話の練習にもおすすめです。

おー、具体的なチャンネル名が返ってきました。どちらも英語学習について調べていると目にすることがある有名チャンネルですね。

やっぱり尋ね方次第では、こういう細かな回答も得られるようです。

おわりに

ネットで検索すると沢山の情報から必要なものを見つけるのが大変なこともありますが、こうして聞きたいことを AI がピンポイントで返答してくれたら、余計な調査コストを割かずに済むかもしれません。

質問の仕方にコツが要る、たまに誤字やよく分からない用語が混じっている、回答された内容は自分で判断する必要がある、など注意すべき点もありますが、うまく活用すると便利なツールになりそうですね。

理工系のAI英作文術: 誰でも簡単に正確な英文が書ける

理工系のAI英作文術: 誰でも簡単に正確な英文が書ける

西山 聖久
2,200円(01/31 22:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

I’ll keep reaching for the stars! See you later!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまでの人生で何度も英語学習に挫折してきた人間が、40代で一念発起して英語のやり直しに再チャレンジ!💪
英語を学びながら覚えたこと、役に立ったこと、楽しんでいること、などの英語学習記録を発信しています😄

目次